エコロ生活を気楽に実践。大義なきライフ環境検証サイト ふと、エコロ人  
 
トップ
   
ご説明
   
実践エコロ
   
検証エコロ
   
販売エコロ
   
寄合エコロ
   
特別企画
 

其の5■マイ箸を飲み屋に忘れない方法

飲んでグダグダになってしまうと、結構忘れがちなマイ箸。どうすれば忘れずに持って帰れるか。今回はいくつかの手をご紹介しよう。ちなみに私は2回ほど忘れて帰ったことがあります。2回とも、お店の方がとっておいてくれましたが。

(1)周りに注意してもらう

まず、取り出したときに話題になります。「お、マイ箸使っているの?」なんて具合で。その際に一言周りに言っておきましょう。「忘れそうになったら教えてね」。これだけで、何度か私は救われています。

(2)自分の目の前の見える位置に箸袋をセッティングする

あまりいないと思いますが、マイ箸を出した後すぐに箸袋をバッグにしまったりすると、まず間違いなく箸は忘れて帰ります。当然ですが、箸よりは箸袋の方が注意を喚起できます。大抵シメの時間になるとグダグダですので、過信は禁物です。
また、自分の目の前のスペースに箸袋をセッティングし、お箸をお皿の上ではなく、箸袋の上に置くようにすると、より目立ちます。ただ、油ものなどを食べた後は控えましょう。箸袋が汚れてしまうので。

(3)席を移動する羽目になりそうだったら、あきらめて仕舞う(割り箸も止む無し)

一度出して使うもよし(話題にはなるので)。そしてすぐ仕舞う。大人数でいろんなテーブルを渡り歩くときなどは、あきらめるのも一つの手です。マイ箸を渡りながら持ち歩くと、ほぼ忘れます。誰かが注意してくれればいいですが、楽しければ楽しいほど忘れますので、気をつけましょう。
マイ箸が話題の中心であれば忘れないかもしれませんが、色々な思惑が絡み合う飲み会などでは更に注意が必要です。そんなときは、あきらめて割り箸を使いましょう。

※ダーツなどのゲームをやるのに席を立つ場合は、大抵同じ場所に帰りますから問題ありません。あくまで私の経験によると、ですが。

【マイ箸キープ】

最近は、キープ箸が出来るお店が増えているようだ。昔一時ブームだったことがあったらしく、行きつけの店でも「昔はやっていたよ」と聞いた。
ただ、このサービスはお店の方と仲良くなってからの方が良い。忘れられちゃうと悲しいし、お店への負担も軽くない。好意でやってくれているんだなと感謝しながら、キープ箸を渡す。
まあ、箸でも酒でも、キープしているものがあれば、またその店には行くもんです。



【販売エコロ マイ箸セット】
スペシャルモデル

価格:1500円


詳細はこちら>>
【販売エコロ マイ箸セット】
スタンダードモデル

価格:1000円


詳細はこちら>>