エコロ生活を気楽に実践。大義なきライフ環境検証サイト ふと、エコロ人  
 
トップ
   
ご説明
   
実践エコロ
   
検証エコロ
   
販売エコロ
   
寄合エコロ
   
特別企画
 

其の3■どうやってしまう?箸袋<筒型><巻き型>

マイ箸の取り出すタイミングについては以前述べた通り、様々な要素を考慮する必要がある。ただ、出す行為自体は面倒なわけではない。

しかし、しまうのは一苦労だと思いませんか?いや、実際に慣れないと一苦労なんです。晴れてマイ箸の販売にも手を染めた「ふと、エコロ人」なので、この辺でマイ箸のしまい方をご説明します。「販売エコロ」からもリンクしちゃおっと。

■筒型

実際には筒型の方が、しまうのは便利。慣れてくれば巻き型でも大丈夫だが、筒状になっていたほうが使いやすいと思って今回はメインでこちらを仕入れました。

1、まずは内袋へお箸をイン 2、その内袋を箸袋にイン


3、利き手の方に2本ともまわし


4、更にまわし


5、最後に回した紐の下を通して


6、出来上がり


分かりましたか?ちょっと小さい画像だし、動きが見えづらいところもあります。ということで、エコロ動画にアップ。マイ箸しまい編 <筒型>です。

エコロ動画【マイ箸しまい編<筒型>】



■巻き型

風流な巻き型。しまうのは大変そうに見える。でも、慣れてしまえば筒型とあまり変わらない。箸のサイズもかなり大きめなものにも対処できるし、逆もまた真なり。ということで、巻き型のしまい方、始まり始まり。
1、内袋を箸袋の角にイン 2、反対側を折り、底辺を作成


3、底辺をくるくる丸めて


4、紐部分も流れでくるくる


5、最後に回した紐の下を通して


6、出来上がり


分かりましたか?こちらもエコロ動画にアップ。マイ箸しまい編 <巻き型>です。

エコロ動画【マイ箸しまい編<巻き型>】

 

【マイ箸クラブ】

マイ箸界では知らぬものがいない組織らしい。ふと、エコロ人は今のところ認知されておりません。いや、こちらからアクションを起こさないとダメかもしれない。

様々なマイ箸ホールダーが、マイ箸の良さやマイ箸を使っていることの充実感などを寄稿しているようだ。MOVEMENTとしては非常に面白そう。マイ箸を持っていると割引してくれる店なども紹介されている。

色々なやり方があるのだなぁと思う。その視点から「ふと、エコロ人」を見ると。。。多分、もう少しいい加減か。マイ箸を持つことの意味を「気軽さ」や「かっこよさ」に求めるのは難しいと思う。不便だし、「出来れば割り箸で済ませたい」のが本音なのでは?

ただ、不便さを軽減させる「目標」や「やりがい」が必要と考える。検証エコロの企画力が試されるのがこの部分。頑張れ、オレ。頑張れ、みんな!(←スタッフを含む)



【販売エコロ マイ箸セット】
スペシャルモデル

価格:1500円


詳細はこちら>>
【販売エコロ マイ箸セット】
スタンダードモデル

価格:1000円


詳細はこちら>>